★☆富士ゼロックス厳選☆★ 複合機を扱う業者一覧

top > 複合機について > 複合機分野における富士ゼロックスの強み

複合機分野における富士ゼロックスの強み

 日本は、明治以来、ものづくりを中心に国作りを行ってきましたので、製造業において優位性があり、強みを持ちます。製造業にも様々な分野がありますが、優秀な複合機を製造するメーカーがたくさん日本にhが複数存在しています。
 日本において、高いレベルで競争を行い、しのぎを削っているメーカーの中でもトップクラスの位置を保ち続けているメーカーの一つに富士ゼロックスがあります。同社は、アメリカにある世界トップクラスのマーケティングリサーチを実施している調査会社のリサーチにおいて、6年連続で顧客満足度において首位を維持しています。
 富士ゼロックスは、サッカーのスポンサーも行うなど、企業メセナなど社会貢献活動に力を入れています。複合機に限らず日本有数のメーカーに成長しています。


 富士ゼロックスの顧客満足度が高い理由の一つに、保守サービスのスピードの早さが挙げられます。もともと複合機の耐久性や信頼性が高く、呼称することはありませんが、故障するなど、複合機に何らかのトラブルが起きた場合でも、その日のうちに担当者が来て対応してくれます。
 エンジニア数も多く、拠点数も多いので、顧客をサポートする能力に優れています。複合機そのものの価格は高いと言われていますが、故障する回数も少ない上に、サポートも迅速ですので、複合機の故障で業務が停滞する時間を最小限に抑えることができます。
 このため、維持経費から運用までトータル的に考えると、意外とコストパフォーマンスに優れていることになります。


 富士ゼロックスと言えば、複合機を扱っているメーカーというイメージが強いですが、単に機械を販売したり、リースしたりするだけでなく、ドキュメントカンパニーと名乗ることに象徴されるように、文書全般に関するソリューションやサービスも提供します。
 複合機は、コピー、プリンター、ファックス、スキャナーなどの機能を備えていますので、複数の機器を設置する必要がなくなります。地価が高く、これに伴い賃料も高い日本においては、オフィススペースの省力化が重要な問題です。
 その他にも、文書そのものの在り方や個人情報保護の管理体制の在り方も新しい提案が行われています。その意味では、文書に関する新しいビジネスが発展する可能性がまだまだあります。
 今後も新しい需要を見いだし、社会に対して新しい商品やサービスを提供することで、さらに富士ゼロックスのシェアを拡大する可能性があります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP