★☆富士ゼロックス厳選☆★ 複合機を扱う業者一覧

top > 複合機について > コスト削減には印刷コストにも注目する

コスト削減には印刷コストにも注目する

 オフィスにて発生する経費の中でも高額になりがちなコストは印刷コストと消耗品コストです。消耗品の場合には最近はインターネットで購入したり、通信販売の普及によって多くの会社が経費削減に積極的に取り組んでいます。ところが印刷方法に関しては従来のままをそのまま使い、本格的なコスト削減をしていないということが多いです。


 通常コピーを取るときにはコピー機を使い、会議の資料を作るときにもプリントアウトしたものを複写していることが多いです。コピー機をリースで使っている場合にはカウンター料金が設定されていて、1回コピー・FAX・スキャンするなどカウンター料金が発生されてしまいます。
 ところがレーザープリンタで出力するとカウンター料金が発生しません。カウンター料金は普通モノクロ機でA4用紙1枚当たり5~8円くらいで、カラー機を使うと1枚当たりは30~60円発生してしまいます。レーザープリンタで出力するとモノクロで1枚当たり3円くらいです。
 レーザープリンタの場合にはトナー代金が掛かりますが、モノクロ1本で約6000枚印刷が可能で12000円程度、消耗品となるドラムユニットが必要で1個で約3万枚ほど印刷することができ30000円程度費用が掛かります。
 レーザープリンタはコピー機と同じぐらいの速度で出力できるため時間のロスの心配がありません。最近は小規模のオフィスでもコピー・FAX・プリンタが一体化された複合機を使うケースが増えています。専用機を何台も置くよりもスペースを活用することができるメリットがあります。ランニングコストの中ではトナー代金はウエイトを占めます。


 トナーのコスト削減策は、まとめ買いとリサイクルトナーの活用です。まとめ買いは通常1本で購入するものをセット購入することによって1本あたりの費用を安くすることができますい。
 リサイクルトナーは以前は不良品の心配がありましたが、現在は不良品率は3%くらいで、ISO9001やISO14001を取得している工場もあります。機械の保証期間が終了したらリサイクルトナーを利用することによってコストを削減することができます。機械の保守期間内には汎用品を利用するとコスト削減が可能になる場合もあります。
 汎用品はノーブランド品などいわれて新品のカートリッジですが、数社のメーカーで製造されていて、違うメーカー同士の機械ながら同じカートリッジを利用することができます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP